変態向け情報サイト ドルメッテ

ムラムラした深夜のお供に変態向け情報サイト ドルメッテ!

とある田舎町にある温泉街で体験した不思議な風俗

とある田舎町に出掛けた時の話。その町は温泉街が有名で、温泉好きな私にとっては天国のような場所だった。ホテルの中にある共同浴場で日々の疲れを取り、部屋に帰ってビールを飲んでかなりご機嫌になった。そしてその足でフラフラと温泉街を歩いていると、年にして30後半の綺麗な女性が呼び込みをしていた。「そこのお兄さん。ちょっと遊んで行かない?1万でいいよ。」あまり若い娘には興味がなかったので、試しにお姉さんは?と聞いてみたが無理なようだった。まぁ1万円で遊べるならいいかと思いお願いすることに。

しばらく待っていると迎えの車が来て移動する事に。到着したのは古いビル。中に入ってみると薄っすらと明かりがついて寒々としていた。そして受付の男性に話しかけてどんな女性がいるか聞いてみる。オススメされたのは30前半くらいの女性。正直1万円だったからそんなに期待していなかったがとりあえず部屋に案内してもらうことに。部屋は和室で布団が敷いてあった。数分待っていると、女の子が入ってきて丁寧に挨拶して軽い雑談を交わして互いに服を脱ぐ。2人で布団に入り彼女の肌の感覚を確かめる。もっちりとして中々良い感じだ。お腹には小さい入れ墨があったが全く気にならなかった。彼女にキスをしながら胸や性器を刺激すると少しずつ喘ぎ声を漏らし始める。今度は攻守交代して彼女に攻めてもらうことに。慣れた感じでフェラチオされすぐに息子はギンギンに勃起してきた。

本番は禁止らしいが、試しに彼女に挿れてもいいか確認すると黙って頷いてくれた。そして私のペニスにローションを塗りゆっくりと挿入。彼女の細身の身体を持って騎乗位でピストンする。少しお酒を飲んでいたのでちゃんとイクのか心配だったが、予想以上に彼女の膣内が気持ち良くあっという間に昂ってきた。そして我慢出来ずに放出。プレイ後はシャワーを浴びて時間終了まで雑談をしていた。普段とは違う風俗体験ができたので想像以上に楽しむことができた。

全記事記事