変態向け情報サイト ドルメッテ

ムラムラした深夜のお供に変態向け情報サイト ドルメッテ!

生理中にセックスする事の危険性について詳しく解説しています。

どうしてもセックスがしたくてムラムラしている時、彼女や奥さんが生理中だったらどうしますか?自分で処理したり風俗を利用する男性も多いと思いますが、中には生理中でも構わずにセックスしちゃう男性もいますよね。でも生理中にセックスすることはとても危険な行為だと言われています。今回は危険な理由について解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

膣内が菌に感染しやすくなる
生理になると子宮内はとてもデリケートな状態になります。それと同時に感染症に対する免疫力も低下してしまいます。その為、生理中にセックスしてしまうとカンジダ膣炎やクラミジアなど、様々な菌に感染しやすくなります。また、生理中は愛液が出にくくなっているのでペニスを挿入すると膣の中が傷つけられ出血や痛みを引き起こす場合もあります。

子宮内膜症になる場合も
生理中は子宮内膜が剥がれ落ちて体外へ排出されることで起こりますが、この時にペニスを挿入すると剥がれ落ちた膜が押し戻されてしまいます。そうすると血流が逆流してしまうので子宮内膜症を引き起こすリスクが上がります。子宮内膜症になってしまうとお腹に痛みを感じ通院しなければならなくなってしまいます。女性を大事に思っているのならば生理中のセックスは控えるようにしましょう。

最悪の場合は機能障害になる恐れも
男性からセックスを求められると、断りきれずに無理してセックスする女性がたくさんいます。しかし痛みや不快感を我慢したままのセックスになってしまうので心から楽しめませんよね。そんな状態が長く続いてしまうと、セックスに対してトラウマが出来てしまい生理以外のセックスでも痛みを感じるようになり女性機能障害になる恐れがあります。日常生活にも悪影響を与えてしまうことになってしまいます。

今回は生理中のセックスの危険性について解説しましたが、如何でしたか?女性にとって非常にリスクが高い行為なのでセックスを求められても断ることが大切です。

全記事記事